点検業務

マンションの清掃管理業務や、道路の保全点検業務などで、MobileEntryの写真や動画、文字をはじめとした多彩な入力機能や通信圏外利用機能を活用することで、入力・報告業務を効率化できます。

点検業務
  • 建物内や敷地内を巡回し、異常や故障の有無を点検する作業。
  • 紙に出力したチェックシートに結果を記入し、必要に応じて異常個所や故障個所をデジカメで撮影。
  • 帰社後、チェックシートに記載した結果は社内システムに手作業で入力。写真がある場合はデジカメから写真データを読込、チェックシートのデータと一緒に社内システムに登録。
  • データ入力後、万が一の時に備えて、デジカメで撮影したデータを印刷して、記載した紙と一緒に保管。
問題点を抽出すると…
業務上のリスク

業務上のリスク

  • チェックシートへの記入と社内システムへの入力を行っているため、記入と入力でミスが発生する可能性がある。
  • チェックシートと写真が物理的に独立しているため、社内システムへ入力する際、チェックシートと写真の組み合わせを誤って入力してしまう恐れがある。
MobileEntryを導入すると・・・
MobileEntryを導入すると・・・
  • 点検結果、スマホやタブレットにその場で入力できるようになります。
  • 異常個所や故障個所の写真もデータ入力時に撮影して、まとめて社内システムに送信・報告できるようになります。
通信圏外利用機能を使えば、通信機器の電波が届かない環境でも、点検結果を記録できます。(端末に一時保存しておき、通信可能なときに送信できます)
GPS機能を使えば、報告書に位置情報を付加することもできます。
MobileEntryを導入・利用して得られる成果
MobileEntryを導入・利用して得られる成果
  • 記録・報告作業をその場で行えるようになることで、点検業務が効率化されます。
  • 帰社後に行うチェックシートと写真の突合せ作業がなくなることで、社内システムへの登録ミスがなくなります。
  • その場でデータ化して報告することで、報告業務のために帰社する必要がなくなります。
  • チェックシートが不要になることで、携帯品が減り、ペーパーレス化を促進します。
  • 点検作業時に過去の点検結果を参照できるようになることで、異常や故障の可能性を察知できる可能性が高まります。
このページの先頭に戻る
資料請求・お問い合わせ