集荷・集配業務

集荷・集配業務にて、現地ならではのタイムリーな作業を行うことで業務改善を。

集荷・集配業務
  • あらかじめ決まった取引先をまわり、帳票に集荷や集配の記録を記載。帰社後にデータ入力、伝票作成・発送できるようになります。
問題点を抽出すると…
業務上のリスク

業務上のリスク

  • 紙からシステムへ入力する際に、入力ミスが発生。
  • 紙でもハンディーターミナルでも、集荷・集配完了後に事務所に戻ってシステムへのデータ入力・送信・伝票作成・発送が必要。
  • ハンディーターミナルは高価なため、予備機の確保や買い替えにかかるコスト負担が大きい。
MobileEntryを導入すると・・・
MobileEntryを導入すると・・・
  • 集荷・集配作業が完了した時点で、その結果をその場で入力・送信できるようになります。
訪問先が急遽追加されても、スマホ1つで素早く対応が可能。
ハンディーターミナルと同じように荷物のバーコードを読み取って記録することも可能。
MobileEntryを導入・利用して得られる成果
MobileEntryを導入・利用して得られる成果
  • 集荷・集配結果をその場で入力できるようになることで、紙からシステムへ入力する際の入力ミスが軽減。
  • モバイルプリンターを使うことで、集荷・集配直後に伝票を出力・発行することが可能に。
  • これまでの業務をスマホ1台で対応可能になることで、高価なハンディーターミナルが不要に。
このページの先頭に戻る
資料請求・お問い合わせ