iPadでカジュアルコールセンターを実現するCTIアプリ
~テレフォニータブレット「Cyzo」発売~

製品・サービス

2012年11月14日

株式会社エヌジェーケー

iPadでカジュアルコールセンターを実現するCTIアプリ
~テレフォニータブレット「Cyzo」発売~

 株式会社エヌジェーケー(本社:東京都目黒区、NTT DATAグループ)は、アップル社のタブレット端末iPadとそのクラウドサービスiCloudを利用して、既存の各種クラウドサービスとも連係できる、店舗・小規模事業所に最適なコールセンターを実現するためのCTIアプリ「Cyzo」の販売開始を2012年12月11日から予定しております。

 「Cyzo」は、ひかり電話などの電話サービスに接続し、iCloudおよびCRMやSFAなどのさまざまなクラウドサービスとシームレスに連係させることによって、お客様から電話着信があった場合、自動的に表示されるお客様情報(氏名、来店履歴、写真など)を確認しながら通話することができる顧客応対ツールです。お客様といつでも的確で円滑なコミュニケーションを図れるとともに、スタッフの経験を問わず均一かつ高水準のサービスを提供することで、大切なお客様を囲い込み、CS向上と売上増に貢献することができます。

Cyzo

 従来のコールセンターで必要だったCTIサーバーやPBX、DBサーバー、IVR、通話録音装置といった機器や、構築等に伴う人件費、専用の高価なアプリケーションなどは一切不要。短期間にサービスが構築でき、圧倒的な低コストで運用できます。

 「高価で大掛かり」といったコールセンター・システムが持つイメージを払拭した、カジュアルなコールセンターを実現するアプリ「Cyzo」は、これまで導入をためらっていたサロンやレストランなどの店舗や、不動産業・保険業などの営業拠点にとって最適なツールになります。

 なお、「Cyzo」による小規模事業所向けコールセンターの運用の仕組みについてソフトウェア特許を出願しています。

【機能概要】
 ・各種クラウドサービス連係
  CRM、SFA等のクラウドサービスとURLに付与したパラメータ等を介して、着信時などに顧客の電話番号から顧客情報
  を自動検索して連動表示できる機能
 ・オートダイヤル
  テレフォンアポイント時など、事前に登録した発信先リストにより、順次自動発信を行う機能。不在や話中では自動的
  にスキップし、相手が応答した場合に電話応対することができます。
 ・テレアシスト
  電話応対時、相手に話すべき内容を表示し、応対内容をボタンで記録していく機能。業務内容に応じた電話応対の流
  れを予め編集しておくことで、応対に不慣れなスタッフであっても、一定レベルのサービスを提供することができます。
 ・多チャンネルIVR
  最大10通話同時に発着信可能な自動音声応答機能。再生する音声とプッシュボタン操作の流れを最大10分岐×10
  階層まで、業務内容に応じて作成することができます。
 ・オートコール
  アンケート調査など、自動音声応答による一斉発信・情報収集機能。事前に登録した発信先リストにより、最大10通
  話同時に自動発信を行います。相手が応答した場合にあらかじめ登録されたフローに従って音声を自動再生し、相手
  のプッシュボタン操作により情報を取得します。
 ・全通話録音
  全ての通話内容を録音する機能。必要に応じて、事後再生することができます。
 ・簡易CRM
  iPadの標準アプリ「連絡先」を用いた着信ポップアップ機能
 ・その他
  保留転送、クリックダイヤル、ユーザ管理、セキュリティ機能

【販売開始予定日】
 2012年12月11日

【販売価格】
 アプリの使用料:無償(AppStoreからダウンロード、簡易CRM機能のみ搭載)
 各種クラウドサービスとの接続料:月額5,250円(税込)/ 1台

【利用できる電話サービス】
 ・光IP電話サービス ひかり電話(NTT東日本 / NTT西日本)
 ・IPビジネス電話サービス Basix(ブラステル株式会社)
 ・IP電話サービス FUSION IP-Phone SMARTβサービス(フュージョン・コミュニケーションズ株式会社)

【対応機種】
 新しいiPad、iPad mini※、iPad Retina※  ※順次対応する予定です。

【製品情報】
 http://www.facebook.com/TelephonyTablet

【株式会社エヌジェーケーについて】
 基盤環境構築ソリューションやエンタープライズソリューション、エンベデッドソリューションなどの開発を主力とする、東証二部上場のNTT DATAグループ・ソフトウェア開発企業です。ネットワーク機器などの販売や、オリジナル・パッケージ製品の開発と販売にも注力しており、BIツール「DataNatureシリーズ」、モバイル端末用業務ソフトウェアの「MobileEntry」、「マンション管理システム」などのソリューションや、電子機器向け動作確認ロボット「KURAGE」など、新たなカテゴリにも積極的に取り組んでいます。
 URL:http://www.njk.co.jp

【本件に関するお問い合わせ先】
 株式会社エヌジェーケー(東京都目黒区中目黒四丁目8番2号)
 ■ニュースリリースについて
  経営企画部 遊佐 英彦(TEL:03-5722-5700 E-mail:yusa-hd@njk.co.jp
 ■製品について
  ソフトウェアパッケージ事業部 営業部 中渡瀬 仁(TEL:03-5722-5766 E-mail:cyzo-info@njk.co.jp

※文中の製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。


【用語解説】
CTI:
Computer Telephony Integrationの略。電話とコンピュータを融合させた利用技術、サービスの総称。電話による通販サービスで例えれば、電話をかけてきた人の電話番号から、オペレーターがその人の購入状況を即座に知り、購入アドバイスに利用するなどの利用方法がある。

CRM:
Customer Relationship Managementの略。顧客との長期的な関係を構築する経営手法。細かな顧客データベースを元に、商品の売買から保守サービス、問い合わせやクレームへの対応など、個々の顧客とのすべてのやり取りを一貫して管理できる。

SFA:
Sales Force Automationの略。営業支援システム。営業部隊の生産性向上や効率化を、IT技術を用いて進めること。社内イントラ、グループウェア、スケジュール管理などをITシステム上で共有することで、営業部員1人当たり売上高増などの営業活動の省力化・効率化、営業プロセス状況の把握、顧客管理の一元化、情報・知識の共有、営業の人材育成などの効果向上を目的とする。

PBX:
Private Branch eXchangeの略。構内電話交換機のこと。外線電話の発着信制御や内線電話同士の通話が基本機能。

IVR:
Interactive Voice Response systemの略。コンピュータによる自動音声により、人との対話を行ないながらデータ入力を行うシステム。発信者のダイヤル操作に合わせて、あらかじめ録音してある音声を発信者側に自動的に再生する。

このページの先頭に戻る