スケールモデルによる自動運転シミュレータを開発

製品・サービス

2018年9月11日
株式会社エヌジェーケー

スケールモデルによる自動運転シミュレータを開発

 株式会社エヌジェーケー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石川 勝雅)は、車の自動運転における事業者の開発と検証の効率化に供することを目的とした「スケールモデル(1/10スケールカー)」と「自動運転シミュレータ」を自社で新たに開発したことを、2018年9月11日に発表しました。

<背景・特長>
 車の自動運転の開発には実車、センサ、試験走行設備などの環境整備が必要で、多額の投資を伴います。また、実際の走行環境では障害物回避などをはじめとして、発生する事象が多岐に渡るため、その検証のための環境バリエーションの構築が課題となっています。

 「スケールモデル(*1)」と「自動運転シミュレータ(*2)」を用いることで、検証環境の準備が容易になり、効率化とコスト削減が実現できます。
 また、自動運転システムの開発場面のみならず、サービス事業者が実施する運行管制サービスにおいても効果的な検証を実現することができます。

<概要>

概要

<今後について>
 社内の実証実験を終えており、効率的な開発・検証を目指す自動運転システム開発事業者やサービス事業者へ広く提供を進め、モビリティIoTの開発促進に貢献していきます。

<注釈>
*1 「スケールモデル」
スケール(縮尺)に基づいて忠実にサイズ、ステアリング角を再現したモデル(模型)。車の開発でも利用されている。車を縮小した場合は道路の幅などの周辺環境、許容誤差幅が小さくなるため、高い精度の検知技術が求められる。

*2 「自動運転シミュレータ」
走行経路の設定が可能で、経路及び白線などに基づいた自動運転をシミュレートできる。各センサからの情報はPCと接続することで可視化され、走行状況が検証可能となる。

<参考>
株式会社エヌジェーケーについて
金融決済・社会インフラ・エンタープライズ(業務系)などのシステム開発と、車載・家電・モバイル分野の組込ソフトの開発をメインとしているNTTデータグループの企業です。直近では、エッジコンピューティングやディープラーニングなど、IoTやAIといったIT分野の最新技術開発にも積極的に取り組んでいます。
○公式サイトURL
http://www.njk.co.jp

<本件に関するお問い合わせ先>
■ニュースリリースについて
 株式会社エヌジェーケー 企画部
 TEL:03-5117-1900 pr-gr@njk.co.jp

■サービスについて
 株式会社エヌジェーケー デバイスコミュニケーション事業部 営業部 担当:大石
 TEL:03-5117-1941 NJK-DC_EIGYOU_contact@ml.njk.co.jp

このページの先頭に戻る