導入事例

菊池北小学校 様(PC教室、教育ソリューション物件)

菊池北小学校では「教育の情報化」を図っていく中で、ICTを授業に活用する具体的な手立てを確立し、子どもたちに「確かな学力」を身に付けさせていくことが、子どもたち、さらには保護者や地域社会からも期待されているという考えをもっています。当社営業マンがいろいろな要望事項などをヒアリングさせてもらい、学校の要望にあったソリューションのデモンストレーションをご覧いただき、きめ細かな提案によって導入に至りました。
PC教室はもとより、校内LANによって各教室で利用できるデジタル教材やネットモラルなどが、先生や子どもたちから好評を得ています。

導入ソリューション

コンテンツライブラリ(教育用ソフト)、書画カメラ、ネットモラル、名簿情報管理 他

小学校の声(宇野達也校長先生、麻生弘幸先生)

麻生弘幸先生

麻生先生

今まではPCが得意な先生が児童をPC教室に連れて行って教える形でした。しかし、今は全ての教室でデジタル教科書や教材・ICT機器が使えるようにしていただいたおかげで重宝しています。例えば5年生の家庭科の裁縫の授業などは、実物投影機で教師の手もとを大きく見せることができ、児童にとってわかりやすい演示ができるようになりました。
どちらかといえばPCを苦手としていた先生でも簡単に効率よく教えることが出来るようになったと思います(教師のスキルアップ)。
また、全教室への電子黒板導入によって機器の準備にかかる時間が大幅に短縮され、全ての先生方が、ICTを使うためのハ-ドルが低くなったことも大きいと思います。
授業では電子黒板に映像を写して授業を行うと子どもたちの視線が上がります(顔が上向きになる)。そうすると対面式で進める形となり、子どもたちの顔を見ながらコミュニケーションのとれた授業が出来るようになります。これは子どもの表情を見て意識を高めるような教育として意味深い事だと思いました。
さらに、聴覚からの情報入力に加え、電子黒板による視覚情報を示すことによって、学習が苦手だった児童も集中でき、学力の全体的な底上げになっていると考えます。
ネットモラルの導入では今までどうやって情報モラル指導を行えば良いかわからなかったものが簡単に解決でき、前向きに取り組もうとする先生方が増えました。

子どもたちの声(菊池北小学校 藤田教諭の論文<3年生アンケート>より)

ICTを使った授業は楽しいですか
ICTを使った授業は楽しいですか
  • 画面に線を引いたり,ペンで書いたりするのが楽しいから。
  • 先生だけじゃなくて,子どもも使うことができるから。
ICTを使った授業は楽しいですか
ICTを活用した授業は、使わない授業よりも分かりやすいですか
ICTを活用した授業は、使わない授業よりも分かりやすいですか
  • 分からないところを大きく映して,先生が説明してくれるから。
  • 言葉だけでは分からないところが動きも入って分かるようになるから。
  • 先生が話しているところや,学習しているところがどこなのか,きちんと分かることができた。
ICTを使うと授業に集中できますか
ICTを使うと授業に集中できますか ICTを活用した授業は、使わない授業よりも分かりやすいですか
友だちのよいところを見つけることができますか
友だちのよいところを見つけることができますか 友だちのよいところを見つけることができますか
友だちの考えを生かすことができていますか
友だちの考えを生かすことができていますか 友だちの考えを生かすことができていますか

お客様情報

学校名菊池市立菊池北小学校
所在地〒861-1331 熊本県菊池市隈府1530番地1
電話番号0968-25-3933
FAX0968-25-2915
メールアドレスkikunes@educet03.plala.or.jp
児童数190名
職員数26名
学校教育目標夢をもち、学び合う たくましい子どもの育成 ~学校を地域に、地域を学校に~
校訓時を守り 場を清め 礼を糺す

取材年月:2012年5月
※導入事例でご紹介している情報・内容は取材当時の内容に基づいています。

このページの先頭に戻る